☆ トップ頁 ☆
  とっぷ 登場                → 前頁

今回、ご登場いただくのは、
住友生命
藤島 幸恵さんです。


藤島さんは
MDRT級のバリバリのトップ成績を続ける張り切りママさん。
MDRTとは https://www.mdrt.jp/about/index.html

藤島さんがトップ成績を維持しているその秘密は...アポ取り。
藤島さんは アポ取りの達人として 本でも紹介されている。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4827202710
アポが取れて 初めて見込み客、
説明上手より アポ上手に、
と藤島さんは力説する。

藤島さんの「アポとり成功5原則」とは

@スケジュール帳に書き込む姿を見せながら、アポをもらう
 保険に入ってもらいたい!ではなく 顧客の話を聞かせて頂く、
 という姿勢ができると アポはいただける と言う。
 藤島さんは、会ったその場で次のアポを頂くことに徹している。
 あとで電話はダメ、何度も電話はしつこい営業ととられる。
 顧客の目の前でスケジュール帳に書き込むことで
 その約束をしっかり意識してもらえる。
 オモムロに取り出したそのスケジュール帳は、予定がびっしり。
 自分が暇な営業マンでないことをアピールするのだと言う。
A日時と場所をきちんと設定する
 日時の明確化は お互いの貴重な時間を大切にするため。
 場所をきちんと設定するのは 一対一で話せる環境が
 商品説明には必須だから。
 藤島さんのビジネススタイルは いつも真剣だ。
B当日の用件を確認しながら伝える
 いつも「何々の話をしにいきたい」とはっきり伝える。
 ここでも商売のツボははずさない。
Cアポカードを書いて渡す
 アポの日時、場所、所要時間、当日の用件を
 綺麗な葉書カードに書いて手渡す。
 この熱意は 相手に伝わる。
D事前に確認のTELをする事を伝える
 当日 連絡がとれそうな時間を尋ねておく。
 相手に急用ができたときに訪問して迷惑をかけないためだ。
 そして 当日、事前に 電話または携帯に確認の連絡が来る...

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

藤島さんの顧客獲得のポイントは
セールストーク、キャッチコピーの巧拙 等々より
そういうテクニカルなものの前に まず 強い「顧客への関心」!
とお見受けした。
要は 藤島さんは いつも とても 真剣勝負なのだ。
それが行動力の源になっており、プラス志向に繋がっている。
いつも 「ありがとう」 の気持ちを忘れない はずさない。
藤島さんは
今日も 楽しく そしてしっかりと お客さんのために 行動中!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆



鞄本ドットコム TOP